思いつく徒然に...


by umineko7ss

ホリプロマネージャー南田裕介が芸恋リアルに

8月21日放送の日テレ系「芸恋リアル」
サブタイトルが「DNAが欲しい男性有名人ランキング」となっていたので、なにげに録画しておいたら、ユンソナさん(ホリプロ)のマネージャー南田裕介なる人物が出演していて、思わず「オオ!」とうなってしまいました。

一般的には全く知られていない人物だと思いますが、深夜の大人向け教養番組(笑)「タモリ倶楽部」に、冒頭この人が出てくると「今夜は鉄道ネタか。」と、わかるほど「鉄道オタク」な人です。

私がタモリさんを一番楽しめる番組「タモリ倶楽部」では、毎回、普通の人が普段考えもしないような細かいネタにスポットを絞り、大真面目に(?)探求していくのですが、これに、しばしばタモリさんの大好きな電車ネタが取り上げられます。

タモリさんは通称「鉄ちゃん」と呼ばれるかなり深い「鉄道マニア」として知られており、「笑っていいとも」に同じくマニアな原田芳雄さんが出演した折りなど、熱い鉄道トークを繰り広げ、「電車男」がブームになったときなど「元々俺たちが電車男だったんだよな」とつぶやいたりしていました。

さて、いつの頃からか、この「タモリ倶楽部」で鉄道ネタになると、この南田裕介氏が、ほぼ必ず出演するようになり、タレントがバーター(?)で出演するという逆転現象が起こり、いかにもオマケなタレントの所在なさげが、また笑えるのであります。

この、知る人ぞ知る名物マネージャーが、とうとう深夜帯からプライムタイムに進出してきたか、と思わず感心してしまった次第です。

ナンのために出演したかというと、同じホリプロ所属の平山あやさんの女性マネージャーが好きなんです~。
ということで、ユンソナさんがその橋渡しをする。というものでした。
お返事は(本気で付き合う可能性が) 「あります あります(繰り返し)」という、快諾をもらってました。

島田紳助さんからは、
「なんで、こんな気持ちに気が付かないんだ!」
「だから、オタクは云々」
という突っ込みを入れられてました。
(確かに)、と納得。

内容的には結果オーライ、という感でありました。

サブMCのユンソナさんのマネージャーだから、といえば、そうかも知れませんが、いちマネージャーを、この時間帯の番組で20分近くもフィーチャーするのは、チョット尋常ではない様に思いましたね。

日テレの中に、南田さんのオタクっぷりに、惚れた人がいるんじゃないか、(あるいは数字がとれると読んだのではないか、)と勝手に想像しています。「テレ朝だけに独占させないぞ」みたいな。。

あるいは、出たがりマネージャーとして、ブレークしたりして。ww

今日は、ユンソナさんのマネージャーとして出演していましたが、「タモリ倶楽部」では若手のタレントが出演することが多く、或いは複数のタレントのマネージャーを掛け持ちしているのかも知れませんが、詳細は不明です。


ちなみにDNAが欲しい男性TOP10は
一位 イチロー
二位 中田英寿
三位 福山雅治
四位 木村拓哉(SMAP)
五位 ジョニー・デップ
六位 稲葉浩志(B'z)
七位 ビートたけし
八位 オダギリ ジョー
九位 デビッド・ベッカム
十位 明石家さんま
(二十五才~三十五才の女性一万人の調査による)

だそうです。
[PR]
by umineko7ss | 2006-08-22 03:51 | バラエティ