思いつく徒然に...


by umineko7ss

カテゴリ:ネタ( 1 )

スーパーロボットごっこ

子供の頃、誰しも巨大ロボットやらスーパーヒーローに憧れたもんだと思います。
これをいい大人がやってしまおうという、ネタ話です。

どんなものか、といえばナンのことはない、クルマを運転する際に
いちいち、その操作を叫んでしまう、というものです。

誰しも「?」という反応だと思うのですが、やってみると結構おもしろいんですよ。

とりあえず
「スイッチ オン!」
「メイン パネルOK!」
「メインエンジン始動」
「パーキング リリース!」
こんな感じ。
まあ、なにか操作するごとに、いちいち叫べばヨロシイ。
しかしハイテンションで、それなりの声色を使わねばなりません。

ただ、ある程度畳み掛けるように、繰り返さないと面白みが出ないんですよ。
「アクセル オーン」
「シフト アーーーップ」
「ライト ターーン!」
「フット ブレーーーキ!!」
「シフト ダウン」
みたいな。
そういう意味で、マニュアル車の方がおもしろいんですけどネ。

雰囲気が出てきたところで
「ウインド ウォッシャー!」
「ワイパー ブレーィドッ!」
「ハザードスイッチ ON!!」
訳が分からんけど、何となく凄そう。ww

そして、いよいよ必殺技
「ハイッ ビーーーーーム!!!」
これですよ、これ。

まあ、単にパッシングスイッチを入れるだけですが、超ハイテンションで叫べば気分はスーパーロボットですよ。エエ

彼氏、彼女が同乗した際に、話題が尽きちゃった時なんぞに使うと大爆笑。。
(有る程度付き合ってからでないと、ドン引きされて終わっちゃうかも知れませんがネ)
ヒーローorヒロインになりきってやらないと笑えませんのでご注意を。

何回もやれるネタではないかも知れませんが、ワンドライブくらいは使えるんじゃないかと。
(空気を読みながら)少し、しつこくやるとちょうど良いンでないかと思いますね。

どちらかというと一人運転してて、何となくテンションが低いときにやると、結構元気が出マスです。
チョット流行らせてみたいこの遊び。お試し下さい
[PR]
by umineko7ss | 2006-08-20 19:18 | ネタ