思いつく徒然に...


by umineko7ss

<   2007年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

自公過半数割れ?

今朝の朝日新聞の見出しは表題の通り。

今回は、小泉フィーバーの揺り返しが来るのは必至だと思う。
良かれあしかれ、小泉さんはカリスマ性があった。
タレントとしては超一級だと言って過言ではないと思う。
しかるに安部さんは、どうにも冴えない感じ。
ちょっと二枚目に、保守派がただ相乗りしたという感が拭えない。

年金、失言etcで自民党は歴史的大敗を喫するのではないか?

後任はオタク支持の高い麻生さんで決まりかな?
[PR]
by umineko7ss | 2007-07-20 12:23
今日のスマスマはなんというか、完成度が高かった。

映画「西遊記」御一行っもよかったし、CMが何故か番組にマッチしてるなーと言う感があった。

一番良かったのは、「ときめきメーター」という新コーナー。
女優さんをゲストに迎え、誰が一番どきどきときめかせるかを競うコーナー。

SMAPメンバーが設定されたシチュエーションで、与えられたセリフをゲストの女優に囁いて、心拍数が何処まで上がるかを競うゲーム(?)

アドレナガレッジのSMAP版みたいな感じ。

ご褒美ステージが用意されており、そこではコーナーの勝利者が、ゲスト女優に言って欲しいセリフをリクエストできる。

本日のゲストは伊東美咲さん。
今期のドラマの舞台、デパートの店員という設定で、稲垣、草薙、木村のメンバーが伊藤さんに挑む。

案の定、木村クンの勝利に終わったのだが、本編よりも、ご褒美ステージでの伊東美咲さんが妙にエロティックで、今まで見たどのドラマより艶っぽくて良かった。

ちなみに今回リクエストしたセリフは
「私の壁を登って・・ 頂上を目指して登って・・」

最初は、なんのこっちゃ?という感じだったが、

伊東美咲さんの壁を(胸を)登って、ということに。。

その場で全員興奮していたんじゃないかな。。

このコーナーで今後、当代のTopタレントたるSMAPに口説かれて、一皮むける女優が現れるのではないかと期待。
[PR]
by umineko7ss | 2007-07-17 01:00 | バラエティ

ATOK

久々にパソコンネタを書き込んでみます。

パソコンもハードにはお金を掛けても、ソフトはなかなか、購入に踏ん切りがつかないんですよね。

ちょっと前にTMPGEnc4.0EXPressというのを、エイヤ、という気持ちで買ってきました。

その前に買った高額ソフトは一太郎2004。。
一太郎というより、ATOKが欲しかったんですね私の場合。

(現在、一太郎本体はインストールしていないという)

まあ、Windowsを使ってる人なら、お金かけて日本語入力ソフト買おうナンテ思わないんだろうけれど、一度ATOKを使ったら、Windows標準のMS-IMEなんて使いにくくてイライラしちゃいます。

MS-IMEは、おまけのソフトなんで、そこそこ使えて、まあ悪いと言っては可哀想かも知れないが、ま、駄目だね。

VISTA搭載のバージョンは知らないけれど、全く期待してませんよ。エエ
自動的にシェアNo.1なんで、ほぼ改良していないと推測しますな。

私所有のATOKは、ちと古いけれど、WinXP搭載のものより新しい。
それでも3年か5年ごとくらいに、新しいATOKは買っても良いかな、と思う。
[PR]
by umineko7ss | 2007-07-16 22:27 | パソコン

のだめドラマ 続編

昨年秋からフジテレビ系で放映されたドラマ「のだめカンタービレ」の続編が製作される模様。
放映は来年新春、二夜連続放映との由。

公式サイト

私的に、最近では最もハマったドラマなので、大変喜ばしい。
原作マンガも読破しましたから。

原作を読んだ感じでは、主人公「のだめ」は上田樹里でまあヨイカナと。
千秋役としては、V6の岡田君が、適役なんじゃなかろうか、と感じていたのだが、裏話的にいろいろあったようで。コンナとこ

抜擢された玉木君は、大学生としては、ちとトウが立ち過ぎなんじゃないかと思われたのだが、
いざスタートしてみると、風変わりっぷりが堂に入っていて、設定年齢はどうでもいいか!ってな感じでしたね。
[PR]
by umineko7ss | 2007-07-16 21:23

インディー・ジョーンズ

映画インディ・ジョーンズの新作が18年ぶりに製作されるとか。
過去三作が発表されており、これが四作目となる。
監督はスティーヴン・スピルバーグでプロデュースはジョージ・ルーカス。
公開は来年春?
[PR]
by umineko7ss | 2007-07-13 15:48

GyaOって・・

日頃は地上波TVを見る機会が多いのだけれど、ごくたまにパソコンテレビGyaOも見ます。

ところでWebブラウザはfirefoxを愛用しております。
表示する文字の大きさを「Ctrl」 と「+-」のキーを押すことで簡単に変えることが出来ます。
もっともポピュラーなIEでこれが出来るのか、どうかよく知りませんが、多分出来ないでしょう。

その他のメリットは、ちょっと今のところ見つかりませんが、これが出来るだけでもfirefoxを使う価値はあります。

で件のGyaOですが、これがなんとfirefoxには対応していないみたいで・・

たまーにしかGyaOを見ないので、そのことをついぞ忘れてしまうんですな、これが。
forefoxでは、途中まで進めるのが余計厄介で、視聴windowまでは起動するのだけれど、そこでストップ。

大抵5分ほど悩んで、「あ、そうだIEでなきゃ駄目だ!」と気づく始末。

GyaOはInterNetExplorerに最適化ししてます、とかメッセージを出してくれ!
[PR]
by umineko7ss | 2007-07-08 20:11 | パソコン

北島三郎ショー

TBS「さんまのからくりTV」で、北島三郎さんを熱烈に崇拝する高校生にスポットを当てたコーナーがあるのだが、そこで北島三郎ショーのエンディングが映されたのだが、そこにドリフターズの仲本工事さん、龍虎さんが見切れていた。

「へぇー」
[PR]
by umineko7ss | 2007-07-08 19:43 | バラエティ

高橋敏也の改造馬鹿一台

ぢつは、このオンデマンド番組が非常に好きだっりします。

「水曜どうでしょう」のfanであることは、今更言うことではないのだけれど、バラエティ番組一般が無類の好物だったりします。

「水曜どうでしょう」を初めて知ったのは、数年前。
新聞の紙面で、ローカル番組に熱烈なフリークが全国で増殖中、というような記事を見いだしてからなのですが、Netで探したところ、インプレスTVで無料視聴できるとのこと。

ユーコン川160キロ川下り


初めは「ダルイ進行だなー」と思って見ていたのだけれども、先に進むにつれて、はまる、はまる。。

今でも「どうでしょう史上」屈指の傑作だと思っています。

当時、かなり精神的に落ち込んでいたのですが、「水曜どうでしょう」の馬鹿馬鹿しさに、随分助けて貰ったと感謝しています。

さて、この名作を無料で配信してくれる太っ腹のインプレスTVさんに、一方のキラーコンテンツがあることを知ったのは、間もなくのことでした。

表題のあれです。

パソコン好きで、バラエティー番組の好きな人は、必ず見なければいけません。

各週水曜日、午後2時更新ということで、水曜どうでしょうClassic放映日、二週に一度こちらをチェックするのが私の習慣となっています。

DVDも発売しています。
私も欲しいのですが、どうも私はNet通販というものに馴染めないので、どこかの書店、ビデオショップに置いてあったら、買い求めたいなあと思っておる次第。
[PR]
by umineko7ss | 2007-07-04 20:05
AMDの次期CPU K10のデスクトップ用ブランド名はPhenomに決定したとの由。

PINUPS - 上田新聞 blog版

Phenom X2
(Socket AM2+、デュアルコア/Kuma、07年Q4予定)と書かれている。

KUMAですか・・ほーぅ

良いです。どんな名前でも。

しかし、所変われば品変わる。
こんな所を見て欲しい。
(もしくはここ・・長いけど詳しい)

Phenom X2コードネームは「××××」

人前に、二度とこの名を晒すことは出来ないはずだ!

命名者を恨め!!
[PR]
by umineko7ss | 2007-07-03 23:28 | パソコン

久間防衛庁長官辞任

そりゃーそうだ。
詰め腹切って当然だ。

「原爆は落とされてもしょうがない」との発言。

たしかに、一定の歴史観、即ち連合国の立場、原爆投下を持って戦争に終止符をうった。という考えを持ってすれば、無いではない考えではある。

しかし、一国の防衛を担う責任者として、また、外交カードの一枚としても絶対に譲ってはいけない一線である事ことが認識できない馬鹿野郎だといえる。

たとえ同盟国といえど、「お前らこんな非道な事をやったじゃないか」という、懐から匕首(あいくち)をちらつかせる不貞不貞しさがなければ政治家として務まるのか!

こんな馬鹿野郎を、どういう力学で防衛相というポストに就けたのか?

「美しい国」というのは勝利者に対して、しっぽを振る飼い犬のような国造りということなのか!「あ?」

私は、憲法改正に賛成する立場の者ではない。
しかし、やられたことに対して、無節操に受け入れろというお気楽平和主義者でもない。

憲法改正を党是とする政党の閣僚とはとても考えられない。

阿部内閣の求心力、リーダーシップの欠如を露呈したといえる。
[PR]
by umineko7ss | 2007-07-03 22:07